転職の動機

転職を成功させるためには、なぜ転職をすることにしたか、動機をどう話すかが重要になります。ほぼ間違いなく向こうから聞いてきますので、その時の答え方が転職の成否に影響します。前提として、転職の動機にはネガティブなことを話さないようにすることです。以前の仕事を退職した理由に、人づきあいのトラブルというのは定番ですが、それを面接時に語ることは、いい結果を出さないでしょう。楽そうな仕事に感じたからという転職の理由は、本音に思っていてもわざわざそこをアピールして面接官に伝える必要はないでしょう。ネガティブな理由で仕事をやめた人を、別の会社で採用した場合は、似たようなことが起きた時にあっさり辞めてしまうのではないかと思われがちです。後ろ向きな理由で仕事をやめて、次の仕事を探しているという人は、少なくとも採用面接の場では、それは言わないことです。以前の仕事でこんなことをしてきた、だからこの会社で働く時にはこういう形で活かせると思うといった形で志望動機を話せるようにしておきましょう。前職で得たことが、次の仕事の内容にどう反映できるのか、全くイメージがわいてこないということもあるでしょう。ただし、場合によっては、白紙状態であることが長所になる場合もあります。面接時には本当のことを話すべきですが、わざわざ悪い印象を与えることを話さなくでも良いのです。ネガティブなことも、ものの見方を変えることでプラスの表現ができることがありますので、面接時にはうまく話せるようにしておきましょう。お金借りる 即日